撤退寸前・改 いろいろな三国志ものを紹介しています!
copyright © 2006 撤退寸前・改 all rights reserved.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
SMAN
2009-04-01 Wed 15:35
こんにちは、書くこともなく暇ですね。
wonpediaさんで、面白いものを見つけたので、コピペしてみました!



SMAN


SMAN(スマン)は、蜀軍事務所所属の戦闘グループ。漢中郡で最初の魏討伐戦闘を行い、同年、『Can be KING!!! -KANTYU-』でCDデビュー。


 メンバー


現在

○劉備(りゅうび)

SMANのリーダー。単独活動では、主に野菜をよく作っている。ムシロ織りが趣味で、熱狂的な民ファンとしても知られる。子供の頃は、劉邦に憧れ、天下統一を目指したが、病気で断念。肌の色(農作業中日焼けしたらしい)、賛否両論な外交、耳たぶの大幅な垂れ下がり、庶民的なファッションセンス、絶妙な笑顔のムービー(真・三國無双2)などで、ファンをどきどきさせている。愛称は「劉備殿」

○関羽(かんう)

単独活動では、主に先生として活躍。出場した一騎討ちでは相手を必ず討ち取る「武神」の異名を持ったり、育髭リーダー、雑誌「un・un」の「好きな武将」アンケートで15年連続首位、その他でも何かと話題になる、蜀軍事務所のトップ武将。SMANメンバー唯一の既婚者で、現在二児の父親である。愛称は「雲長」「髭殿」

○廖化(りょうか)

SMANの中でも、自己主張しない性格と目立たない気質から、激薄な立ち位置を示し、世間的にはエアーなイメージが強い。知名度は微妙だが、生命力だけは優れており、寿命では他のメンバーに負けていない。黄巾の乱をきっかけに関羽愛に目覚め、関羽準親衛隊の資格を取得した。愛称は「廖化ちゃん」「廖化さん」

○諸葛亮(しょかつりょう)

事務所の先輩グループである桃園三兄弟に憧れ、履歴書を送り、現在に至る。兵法にも通じていて、日常戦闘程度なら何の問題も勝利することが出来る。彼が主演のドラマの主題歌をSMANが歌うと、大ヒットに繋がる法則がある。愛称は「しょかつたん」

○趙雲(ちょううん)

SMANの最年少メンバー(永遠の美男子的な意味で)。劉備の子供「赤ん坊阿斗」の子守を務めたり、サンオールスターズの公孫?とのタッグでCDをリリースしたり、長坂ドラマ「単騎駆け!!」の主演も務めたりと、多彩な面で活躍中。キャラクター「趙雲ママ」でも人気者に。愛称は「子龍君」

脱退

○馬超(ばちょう)

従弟と共に、蜀軍事務所のファンクラブ「リュービズ・ファミリー・クラブ」へ直接履歴書を持って出向いて頼み込んだ結果、2人揃って蜀軍事務所入りを果たした。競馬選手に転身する為、SMANを脱退。同時に事務所も退社。初の優勝(西涼第57回S?開設記念グランプリレース)など、SMAN脱退後も活躍は衰えていない


 グループ名


グループ名は、事務所の社長・帝による命名。劉備の口癖の 「すまぬ民達よ・・・」から取られた。
また、諸葛亮のS、ママ(趙雲)のM、赤ら顔(関羽)のA、そして「キンバチョウ」を劉備がずっと「ニシキバチョウ」と思い違いしていたためにNとなった。廖化が名前に全く関わっていないのは、ただ単に忘れられていたからである。


GGS赤青緑歌合戦出場歴


第42回 Can be KING!!! -KANTYU-
第43回 裏切りが降ってきた
第45回 仇討ちしましょう
第46回 胸騒ぎ '222
第47回 SLASH
第48回 ダイナマイト夷陵!
第49回 星空ノムコウ


 エピソード


※今でこそグループは首位に上りつめるほどにもなったが、デビュー当時は貧しく、全員事務所に呼び出され、「お前らはなぜ貧乏なんだ」と叱られ、特にリーダーの劉備が叱られたらしい(359時間テレビBEASTSMAN 趙雲談)。

※光ENKEの戦場にゲスト出場した際、戦果が全く無く、ホンショー袁紹から「You Die」(お前らは終わりだ)と言われたらしい。(いくさばん 劉備談)。


ふふふ、今日はエイプリルフールです。なので当たり前ですが嘘ですよー。
私がwikipediaさんを参考にして書き換えたんです。
かーなーり、大変でしたが、書いててすごく楽しかったです。
それでは、また!
別窓 | 雑記 | コメント:0 |
<<魏陣営から戻って参りました | 撤退寸前・改 | 師匠「ごくぅう~」>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| 撤退寸前・改 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。