撤退寸前・改 いろいろな三国志ものを紹介しています!
copyright © 2006 撤退寸前・改 all rights reserved.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
電車で読んではならない本No.1
2008-08-29 Fri 00:54
学生のみなさん!読書感想文は終わりましたか?
「何の本のことについて書けばいいのか分からない」という方もいるでしょう。
ええ、その気持ち、課題図書の私には分かりませんね。
しかし、優しい優しいびおらさんが、まだやっていないあなたのために、
胸を張ってオススメするのが、この本です。

PIC613.jpg


=第一章・あらすじ=====

ある暑い夏の日、ひとりの男が中国に降り立った。
バッグには本を、胸には三国志への愛を入れ、
彼が向かった場所は、三国時代、錦馬超と恐れられた者が眠る場所だった。
村の人々に案内され中に入ると、
想像をはるかに超えた、恐ろしい光景が彼を待ち受けていたのだ・・・!

=============


・・・実際はこんな真面目じゃないですけど。


で、でも、内容的にはあってるんですよ!!
Amazonさんの写真の下にある、”この本の中身を閲覧する ”をクリックすると、
ちょっとだけ内容を読めるので、なんとな~く雰囲気が分かると思いますが、
まあ簡潔に言うとノンフィクションギャグです。

読書感想文の題材に相応しい本っていうよりも、
読書感想文の完成を遅らせる本です。

ま、まあ、それだけ面白いってことですよ。
なので怒らないでくださいーっ!!


さて、今度はちゃんと正確にレビューすると、

「無双大好き!横光大好き!とにかく三国志大好き!!」っていう人が、
身振り手振り、そしてカタコト中国語で地元の人に聞き込み、
中国各地の三国志遺跡を巡る放浪紀です。
ゲーム世界と現実世界のギャップや、
”徐庶の像の目の前に洗濯物が干してある”などの武将の酷すぎる扱い、
そして三国志グッズ(?)にツッコミまくるため、
三国志好きの人は、もうニヤニヤしぱなっしだと思います。
そのせいで電車で読みたくても、読めませんよ・・・っ!


この本は横書きで、文字もかなり大きめ
そして画像もたくさん掲載されているので、ブログ感覚で楽しめると思います。
興味を持った方は、是非とも見てくださいねー!
別窓 | 歴史 | コメント:2 |
<<寝ても寝なくても育たない | 撤退寸前・改 | 孫策as孫策 の方が分かりやすいよっ!>>
コメント
す、すみません!「王平の墓だ!」
って書いてあるのが気になるんですけど!
詳しくお聞かせ願えますか?!(めんどくさいこの人

誰彼構わず…三国志好きな人がいるってのは嬉しいもんですねぇ
ほ、本屋行ったら探して見ます!(笑
2008-08-29 Fri 22:10 | URL | 哀羅 #-[ 内容変更] |
大変申し上げにくいのですが・・・。

王平の墓は、裏山の中にあるのです。

成都から約五時間かけて行ったあげくに、
ツタを掻き分け、トゲに刺さりながら、
道なき道を進む覚悟は私にはありません。
そのぐらい凄まじい場所に、放置されているんですよっ!酷いですよっ!
これ以上は、言葉で表現できないので、
実際に見てくださいとしか言いようが無いです><
2008-09-01 Mon 22:51 | URL | びおら #Y3Fmxt5o[ 内容変更] |
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| 撤退寸前・改 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。