撤退寸前・改 いろいろな三国志ものを紹介しています!
copyright © 2006 撤退寸前・改 all rights reserved.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
単福って誰でしょうね?
2008-03-11 Tue 21:19
予告通り、今日はドラマ「関羽」の徐庶さんの話です。
前回、扱いが悪すぎるといいましたが、
あらすじを見れば、その酷さがよーく分かるはずです。
ということで、書いてみますね。

==========

①街中で歌っている怪しげな奴発見

②関羽「頭良さそうだけど、なんて名前?」
 ??「徐庶です。」

③劉備軍の仲間入り

④劉備「徐庶先生は、曹操軍を二度も破った!流石!」

⑤徐庶「母が魏に居るそうです。」
 劉備「ならばお母様をここに呼ぼう」

⑥徐庶「母の下に参ります」
 劉備「おのれ曹操!卑劣な手を!!」

==========

えーと、無駄な会話は省きましたが、物語の流れは省いてません。
徐庶が単福と名乗るシーンや、戦闘シーンや、徐庶母の偽手紙など、
一切ありません。

単福の話は混乱を招くため、省いても別におかしくはありませんが、
徐庶の最大の見せ場である、八門金鎖の陣を破るシーンを、
「徐庶のおかげで勝った!」という一言で終わらすのは納得いきません!

それに⑤から⑥にうつる間に何が起こったのか
曹操が一体何をしたのかが全く分からないのも大問題です。

突然現れ、よく分からないまま去っていた徐庶さんは、たった数分の出番でした。
まあその後、曹操軍の一員として登場するのですが、
あまりにも印象が薄すぎて、「誰、この人?初めて見た。」
と思ってしまったのは私だけではないはずです。
別窓 | 歴史 | コメント:0 |
<<イタクルシイ | 撤退寸前・改 | このブログはドラマ「関羽」を猛烈応援中です>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| 撤退寸前・改 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。