撤退寸前・改 いろいろな三国志ものを紹介しています!
copyright © 2006 撤退寸前・改 all rights reserved.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
孔明的大論戰/神秘的水上大要塞/苦肉的計
2007-03-30 Fri 22:40
nin36.jpg

第三十話 孔明の大論戦
  /第三十一話 謎の水上大要塞
         /第三十二話 苦肉の計


今回もまとめて書きます。
今日は赤壁の戦い前夜祭!

○魯粛登場
この魯粛は気丈でもなく、半魚人でもなく、ただの気弱いお人よしでした。

○舌戦よりも接戦!
お馴染みの呉軍文官ズVS孔明の大論戦があったわけですが、
そんなことは問題ではない。
周瑜が放った刺客に襲われた孔明さん。
しかし落ち着き払って「少しは武芸の心得はあります」
と言って羽扇で戦い始めました!
その後も剣相手に羽扇で鍔迫り合いしたりと、
無双孔明さながらの戦いぶりです。

○孔明潜入!
曹操軍の船を捜して三千里。森を抜けるとそこは水上要塞だった・・・。
ってそんな話ありましたっけ?
曹操軍は船で大要塞を作っているという話はあるけれども、
舟遊びと見せかけて探索に行く話は聞いたこと無いような?

○周瑜って本当に利口なの?
孔明「近々旧友が来たら曹操軍の者かもよ。」
公瑾「友達いないからそんなことないし。」
孔明「でも気をつけといた方が良いよ。」
兵士「周瑜殿の旧友と名乗られる方が来ました。」
公瑾「おぉっ!そうか、懐かしいなー。旧友かー。旧い友d・・・ハッ!」
孔明「・・・」
子敬「・・・」
これなんのコントですか。

○カン沢大活躍
呉軍のなかで一番頭良さそうに見えて、一番常識を持っている人は
恐らくカン沢です。

○魯粛さん大混乱
孔明に連れられて曹操軍へと乗り込んだ魯粛は恐怖のあまり
「この魯粛を手土産に降参する気かぁぁ!?」
と言いながらしつこいぐらいに孔明を揺すったり、
「私を道連れにして死ぬ気か!じdgwfれいおえrjpわpw!!」
と一人で叫んでいたりと、正気ではありませんでした。
しかし、孔明の行動が矢を集める為と知ると、
何事も無かったかのように褒めちぎってました。
さっきまで孔明のことを散々に言ってたくせに。

○程復活!
郭嘉が出てからめっきり出番がなくなり、
郭嘉が死んだら死んだで許攸が跡を継ぎ、
もう出ることはないと思ったら出てきました。
どうでもいい所には出ないで、大合戦だけに出るって卑怯だ!
まあ、負けるから良いんですけどね。
別窓 | 人形劇三国志 | コメント:0 |
<<左近バグ応用編 | 撤退寸前・改 | 玉璽ゲット→秀吉R1→三成R1連打→イェーイ>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| 撤退寸前・改 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。