撤退寸前・改 いろいろな三国志ものを紹介しています!
copyright © 2006 撤退寸前・改 all rights reserved.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
上り坂 ・ 降り坂 ・ ま坂
2006-10-10 Tue 22:16
毛利元就第四十一話。
決戦厳島奇襲大作戦!

嵐の中、奇襲することになった毛利軍ですが、
元就の言ってることに納得いかぬ!

「人生には上り坂、下り坂、そして”まさか”という坂がある」

この場に及んでギャグはいりませんから!
そして真顔で言わないでください!

「船が沈むと考えてしまうからいけないのだ」

どう考えても嵐の日に船出せば沈みます。
本当にありがとうございました。

まあでも、そこは元就パワーで嵐の中無事で辿り着きます。
もし言い出したのが隆元くんとかだったら沈んでいたでしょう。
世の中って不公平だよね。

それで奇跡の元就パワーのおかげで次郎が陶さんを討ち取りました。
でも次郎さんも死んでしまいました。
絶対前、突然殴りかかってきたのを恨んでるんだよ。(ぇ

ちなみに陶殿第一発見者は隆元&元春です。
勇ましく襲うのはいいですが、隆元くんかなり危うかったですね。
あんなフラフラしちゃって・・・腐っても殿なんだよ?
けどそんな隆元くんも結構かっこよかったと思います!
恐らく、今までの中で一番かっこいい!フラついてるけど!
でもそこが良いんだ!
兜可愛いし!(関係ない)

ちなみに元春の方は力ありそうなんで安心です。
隆景もなんとかなりそうなんで安心です。
でも隆元くんは不安です。
・・・何で?
別窓 | 毛利元就 | コメント:0 |
<<先を見て行動しましょう | 撤退寸前・改 | >>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| 撤退寸前・改 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。