撤退寸前・改 いろいろな三国志ものを紹介しています!
copyright © 2006 撤退寸前・改 all rights reserved.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
疑心暗鬼を乗り越えて 辿り着いたはカピバラ天国
2010-05-22 Sat 23:59
PIC683.jpg

カピバラさんグッズ詰め合わせに当選・・・っ!?


こ、こ、これは夢じゃないんですかね?
実は私、運の悪さにはかなり自信があるのですよ。

重要な場面でのジャンケンでは必ず負け、
応募で当たった経験なんてものはもちろん無く、
クジではいつも”参加賞:ポケットティッシュ”・・・。
それなのに、当選するだなんておかしいじゃないですか!

実際、送られてくるまで全く信じてませんでしたよ。
自分に運が無いっていうのもありましたが、
それよりも携帯のメールで当選を知らされたっていうのが大きいです。

今回は、空メールを送ってすぐに結果が知らされるタイプのものだったのですが、
初めての応募にも関わらず、あっさりと当選しちゃったんですよ。
そして「発送するから住所を書け」と言ってきたのですね。

・・・怪しい。これは怪しい。

全員に「当選しました!」というメールを送って、
住所や口座番号を書かせて利用するっていうケースがありますからね。

ちなみに、最近の手の込んだサイトだと、
「Softbankの830Tの方が当選です!」とか書いてあるんですよ。
きっとそのサイトを開いた人の携帯の機種名を表示させてるんでしょーね。
社名だけなら兎も角、こうも細かく書かれていたら、
そういうのに疎い人ならば、うっかり騙されちゃうんじゃないですか?

まあ、そういうわけで。
私は携帯での「当選!」という言葉に不信感を持っているわけですが、
今回は自ら送って、結果が返ってきたのですから、迷惑メールではないのです。
そして、何よりも、バンプレストさんの公式HPでやってる企画なのですね。
なので、まあ信用は置けるかなと思い、住所を書いたわけです。
もしかしたら、バンプレを名乗った偽者かもしれないという事も考えましたが、
疑心でせっかく巡りに巡ってきた運を捨てるのはどうかと思いますからね。

そして、その判断は正しかったです!本当!

PIC685.jpg

ぬいぐるみ1個
ストラップ10個
財布3個
バスタオル1枚


ストラップは上手く行けば、100円で取れますが、
それ以外は結構かかりますね。
左下の財布は、以前ゲーセンでチャレンジしたのですが、
変に転がってしまって断念しました。
まさか手に入るとは思わなんだか!

PIC684.jpg

大ぬいぐるみ1個
特大ぬいぐるみ2個


本当、想定外です。
ゲーセン景品の詰め合わせなので、
残り物のストラップばかりかと思ったら、
まさかのビッグぬいぐるみ。しかも3個!!!

これを実際に取ろうとしたら、一体何万円かかるのでしょう・・・?
ただでさえ最近のアームは緩いですから、
いくらかけても取れないという可能性だってありますよ。

私の場合、1回やって取れなさそうな場合は即諦めるので、
当選しなければ、一生ビッグぬいぐるみを手にする事は無かったでしょう。


いやー、本当に良かったです。
多分真面目にやってる私への、神様とバンプレ様からのプレゼントですね!
ぬいぐるみをモフりながら、ストラップを眺めて癒されます~。
スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | コメント:2 |
細分化に次ぐ細分化
2010-05-17 Mon 22:26
こんばんは。
もう一ヶ月間も更新してなかったんですね。
時が経つのが速すぎて驚きです。

大学に入ってから、
サークルやら研究室やら飲み会やら合宿やらで、
リアルが充実し過ぎているので、
パソコンを起動している時間がとても少なくなりました。

昔はずっと家に篭っていて暇だったので、
毎日絵を書いて日記を書くことも可能だったのですが。
生活ってこんなにも変わるものですねー。


さて、現在ネット世界から少し距離が空いてしまっている私ですが、
三国志からは離れていませんよー。
まあ、忙しくて、三国志のゲームもやってませんし、
例のドラマも忙しくて全然見れないのですが、
実は、サークルの飲み会に三国志好きが3人も居たので語り合えました!

「無双やったことあるから三国志好きー」って人は
過去にもそこそこ居るので珍しくないのですが、
今回出会ったのはかなりの三国志マニアなんですよ。

このブログを見て分かると思いますが、
私は三国志のゲームをしたり、ドラマを見たり、
Ifもの小説でギャップを楽しんだりしている事が多いです。
言うなれば、”娯楽としての三国志”について特化しているのです。
しかし、飲み会で出会った方は、正史について語れる、
”歴史としての三国志”についてお詳しい方なのですよ。

その上、その方は末期好きなのですが、
私は官渡や赤壁などの三国鼎立前が好きなのですよねー。
(正確に言うと、その時代はまだ三国時代とは言えないんですけど
 ・・・突っ込まないでください!><)

なので、三国志好きなら誰もが知っている内容なら構いませんが、
少しディープな内容を話すときは、ズレが生じるのですよー。
歴史好きでも、三国志好きと幕末好きとで分かれるように、
三国志好きでも、そこからまた細かく分かれるのですねー。
なんだか不思議な気持ちです。

まあ長々と語りましたが、貴重な三国志好きな事には変わりありません!
歴史サークルならまだしも、実はそうじゃないんですよ・・・。
もう、これは運命としか言えませんね。
別窓 | 歴史 | コメント:0 |
| 撤退寸前・改 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。