FC2ブログ
撤退寸前・改 いろいろな三国志ものを紹介しています!
copyright © 2006 撤退寸前・改 all rights reserved.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
桂さんが無謀すぎることについて
2006-09-05 Tue 21:06
毛利元就第十六話。
敵は郡山城にあり!

ってことで桂さんと弟が謀反。
けど弟部隊は城につかなかった挙句、
小三太忍者隊の華麗な技であっさりと殺されちゃうし。

そして桂さん!
上等だ、あんた上等だよ!本気で!
だって、だってだって、

どこの誰が鎧着ない着物姿で謀反起こすかーっ!
こ こ に い る ぞ ー っ !


しかもどんなに斬られても、どんなに刺さっても、
元就さんのところまで意地で行く桂さんにあっぱれ。
にしても元就さんの居る部屋のドア開けて覗いてた瞬間が
どっかのホラー映画っぽくて怖ろしかったです。
なびく髪ー、血だらけの体ー、月明かりに照らされる顔ー。
怖ーっ!!

まあそれで元就さんのところに乗り込んだ着物姿の桂さんでしたが、
元就さんも着物姿でした。
おいおいおいおい!
桂さんがまだ来る前に、志道さんとかから「早く具足をお付けくだされー!」
とか言われてたのに、つけてないんかいお前。
しかもお供の者がいないし。

・・・

この人たちに”謀反の何たるか”を教えたいです。
スポンサーサイト
別窓 | 毛利元就 | コメント:0 |
| 撤退寸前・改 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。