撤退寸前・改 いろいろな三国志ものを紹介しています!
copyright © 2006 撤退寸前・改 all rights reserved.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
これが本当の蛇足・・・
2006-10-23 Mon 23:22
毛利元就第五十話。
感動の最終回・・・だったら良かったのにね。

見る前に噂で「最終回=同窓会」って聞いてたんですが、
本当でした。ほぼ全員集合。
しかも内容がアレだし・・・。

だって元就さんは「地獄に行くのかな?極楽無理かな?」
ってずーっと言ってるだけだし、
あの世でキャラが変わってる人がいて微妙だし、もーダメ!

特に、勝が藤野とイチャついてたり、
小三太が知らない嫁娶ってたとこが、無理無理!
あの世だからっていくらなんでも性格変わり過ぎですぜ!

そして隆元君は、
「最初のうちはぼやいてたけど、立派な殿になって死んだ」
という良い印象をあたえてたのに、
あの世でまーたボヤキましたよ。
もう、あなたって人は・・・父上泣いちゃったじゃない!

ちなみに、OP使い回し動画については何も言いません。
よほど、時間が余ったんだなー・・・ってね。

それでもって、結局元就さん死亡シーンはわずか。

元就「楽しい人生じゃった・・・(パタリ)」
一同「父上ーっっっ!!」「爺ーっっっ!!」
医者「ご臨終です」

もう何も言いますまい。
スポンサーサイト
別窓 | 毛利元就 | コメント:0 |
ラスト・バトル
2006-10-20 Fri 23:07
毛利元就第四十九話。
クライマックスに入ってきました。

それで今話は。

小三太が殺され、
河副殿が殺され、
月山富田城が落ち、
尼子が滅亡し、
赤川殿が切腹。


うっわ、すっごい展開!

そして、元就が病がちになって、
ヒゲがもっさり生えて仙人化しました。
ご老体、無理なさるからこのようなことになるのです・・・。

あと印象に残ったのは、尼子滅亡寸前のときのみつの高笑い。
完全悪役。やっぱ最高です。

あとあとー。
赤川殿って良い声してたんですね。
遺書シーンのときの音読の声が素敵でした。
あぁ。このことにもう少し早く気づいてたらなー。

うーんとそれとー。
小三太って年かなりいっちゃってたんですね!
「殿とお会いして四十うん年~」とかやばいだろ!
だってあのとき十代だとしても、五十歳。
二十代だったら六十歳ですよ!
そんな人に忍をやらせるだなんて、なんとご無体な!

まあとにもかくにも次の回で最終回です!
お楽しみにっ!
別窓 | 毛利元就 | コメント:0 |
狼と鹿だったら鹿の方が強いのだよ
2006-10-19 Thu 21:55
毛利元就第四十八話。
幸鶴丸が輝元になりました。

けど、本当は輝元じゃなくて義元って名前になりそうだったんですね。
私はそのとき「義元ってことは今川義元と名前被るじゃーん!」
とか思ってたんですが、やっぱり本人もそう思ってました。
まあそりゃそうよね。

それで。月山富田城落ちません。
さすが難攻不落ってだけあります!
そういえば今回の戦闘シーン、やる気ありましたね。
鉄砲!鉄砲!火矢!火矢!盾!盾!

あぁ、そうだ!
狼之助がやばいくらいかっこよかったですね!
今話で登場して、今話で殺されるという、
何か「君何?」って言いたくなる扱いですが、
鹿之助との一騎討ちは、
この大河で最初で最後の武士魂が感じられました。
渋いよ!やばいよ!でもネーミングセンスが微妙です。
鹿之助に対抗して、狼之助ねぇ・・・。

さて、いつになったら落ちるのかなー。
次回までに落とさなきゃいけない気がするけどね!
別窓 | 毛利元就 | コメント:0 |
あぁ、あそこに隆元くんが・・・
2006-10-18 Wed 20:57
毛利元就第四十七話。
さて、この回で何回”隆元”という言葉が出たでしょう?(知るか)

それで。
昨日隆元くんが殺されちゃって、
それが皆に広まって、
元就が発狂したわけですが、いくらなんでも
「おぉ、隆元が呼んでおる・・・」は真面目に怖いんでやめてください。
だめだよ!隆元くんの誘いにのったら死んじゃうよ!

そんで弔い合戦をしたわけですが、
火矢射掛けて、穴の中で戦って・・・って、
戦闘シーンあれだけですか。
本当っ、相も変わらずですねー。政宗見習ってください。

その前に。穴掘りっていつやったんですか。
あんなに大きく長く掘れるだなんて、
穴掘りの名人でもいたとしか考えられません。

さて、赤川殿はどうなるのか!
・・・いや、殺されるんだけども。
まっ、まあとにかく次回が楽しみです!
別窓 | 毛利元就 | コメント:0 |
たかもとくーん!!
2006-10-17 Tue 21:49
毛利元就第四十六話。
ついにきちゃいましたね。隆元暗殺。

ヒゲも生え、
息子が立派に育ち、
頼りがいのある君主になり、
父からもベタ褒めされていう、
絶好調のときにわざわざ殺すだなんて・・・。

けどね。楽器の中に剣入っていたのは読めていたんで、
その点では驚きませんでしたよ。
けどまさか、
出血大サービスで放送してくださるとは思わなんだか。
この大河、どんなことやられても少量の血しか出なかったんで、
血とは無縁なやつだと油断してたら動脈ドクドクですよ。
本当っ、そりゃ、ないですぜ・・・!

もう、嫌です。
ひとまずこれで。
別窓 | 毛利元就 | コメント:0 |
| 撤退寸前・改 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。